抜け毛の対策をしっかり行ないましょう~的確な毛髪ケア~

笑顔の男性

頭皮全体の症状

微笑む女性

中高年の症状

女性の薄毛がどの世代においても増加している統計データが出されていますが、特に増加している年齢層は40歳以上の中高年の女性です。中高年の女性に多く見られる特徴はどのようなものかというと、頭皮全体の薄毛であることです。頭の分け目の部分だけ薄くなるというものではなく、頭の全体の毛が薄くなって抜けやすくなります。これは中高年女性特有の症状であり、男性の脱毛症とは大きく異なります。男性の脱毛症で有名なものとしては、AGAという前頭部から薄くなり次第に後退していく症状のことです。中高年女性の薄毛は頭皮全体である点から、AGAとは全く異なります。この薄毛の症状の原因としては、ストレスや誤ったヘアケアなどが挙げられます。

原因のメカニズム

中高年女性の薄毛の要因のメカニズムについて深く掘り下げていくと、ホルモンの影響も見逃すわけにはいきません。たとえば、ストレスを例に挙げましょう。ストレスで薄毛になった場合、そのストレスは自律神経やホルモンバランスを乱してしまうのです。こうした影響を受けて、血液の流れを悪くしてしまい、毛髪に十分な栄養が届かなくなります。栄養が行き渡らなくなると、当然ながら髪はだんだん細くなり、抜けやすくもなります。こうして薄毛になっていくわけです。また、老化によるホルモンバランスの乱れも指摘できます。年を重ねていくにつれて女性ホルモンが分泌されにくくなり男性ホルモンが相対的に増加します。それによって薄毛になることもあります。